カテゴリ:自分の事( 28 )

縁結びで有名な出雲大社に行って来た.
e0114371_7422492.jpg

人生の節目節目で神に救われ、
青春時代をほぼクリスチャンスクールで過ごしている身としては、
神社でお賽銭入れて、ちゃらんちゃら~ん♪とお願い事するとき、
最後のさいごに

「アーメン」

と、つぶやいてしまう…

「あ!すみません、間違えました
でも、願い事は本当です
ごめんなさい」

結びの懺悔願いが、毎度のお参りスタイル.
神様仏様は御心が広いから気にせず、許してくれている.

e0114371_1935342.jpg

出雲そばはピンとこなかったけれど(そばは苦手)
e0114371_7412233.jpg

そば湯は美味しく、
e0114371_7412886.jpg

出雲大社は本当に空気が綺麗なところでした.
「アーメン」って言わない場合は、最後になんていうのかしら?
e0114371_1932346.jpg

かわいい、電車にものれました
e0114371_741143.jpg

旅行な気分を満喫
e0114371_7423478.jpg

e0114371_1932896.jpg

綺麗な夕日に心もほっこり

出雲が「ご縁」の神さま、を実感するような人々との温かい出会いもあり.
今後の「ご縁」に期待しながら.

アーメン♪
[PR]
by tomorish825 | 2011-11-01 19:59 | 自分の事
ここ最近、唇のはしっこが切れている。
先週末は、左の口角だけだったのに、今週に入ってから右の口角も切れて、口をあけて食べるのもやっと。痛くて痛くて。

ランチの時間、職場でこっそり「痛っ!」つぶやいたら、栄養マニアックリーダーが
「tomorish, それは亜鉛不足だね~」 
と言って、亜鉛本を渡してくれた。

亜鉛=多くの酵素の成分として重要なミネラルで、細胞の形成や新陳代謝を促したり、免疫反応などの関わっている。

普通の食生活をしていると、過剰にも不足にも陥ることはないが、
偏食や加工食品に頼りすぎていると、亜鉛不足に陥る。
なんでも、加工食品には亜鉛の吸収を阻害するポリリン酸などの食品添加物が多用されていることから、
コンビニやファーストフードばかりを利用している若い世代に、
この亜鉛欠乏性の味覚障害がひろがっているらしい。

わたしゃ、若くはない。
でも、間違いなく、
こ・れ・だ!

味覚異常に加えて、成人での亜鉛欠乏は
貧血、皮膚炎、うつ状態があらわれる。。。
おおお
全部あってるよ。

食生活ね。。。

ちゃんと頑張れるときは、がんばれるんだけれど。
だめ、になると、もう本当にだめで。
うつうつしたら、だめだ、って思うほど
難しくて。

食生活、気をつけよっと。

ちなみに亜鉛が多く含まれる食材は、
魚介、肉、海藻、野菜、豆類、特にかきがええ供給源。

でも、まずは、わたしは禁コンビニ。

ストレスを多く抱える社会人の人たちは、どうやって発散してるんだろう。
本当に教えて欲しい。
[PR]
by tomorish825 | 2011-09-29 19:02 | 自分の事
「久しぶりに、遅くまで働いた〜」と、涼しくなった夜道をチャリで帰宅中
道を挟んで、そろそろ会いたいな〜って思っていた友人を発見!

大声で挨拶して、立ち話もなんだから〜って、そのままお家にお邪魔虫♪
カモミールteaを飲みながら、小さくわいわいおしゃべり会。

一番の目的は、産まれたばかりの赤ちゃんへのご挨拶。
想像以上のかわいさで、どれだけみても飽きないものです。
赤ちゃんパワーやっぱりすごし。

話題は赤ちゃんのミルクの話へ。
赤ちゃんのミルク(粉ミルク缶)はメーカーによって値段が随分違うらしく、やっぱingredientsが違うんだよね〜きっと、な〜んて話していたら、
「tomorish, リン脂質って英語でなに〜?」と質問。
「.....]
細胞膜つくるときの?△□■脂肪の□?△でもどれもこれも英語で言えない...

話題は、健康保険へ。
「tomorishは、ひと月、いくら払っているの?」
「え〜と〜.....」
□△●○....?....+;;;

友人曰く、結婚してから、世帯主になり、健康保険料が増え、かつwifeの支払う健康保険料も
高くなっている。世帯主をやめたいけれど、辞められるのか、と。
一緒に話を聞くロシア人の美女友人は、「世帯主」辞めちゃえる派!
キュートなペルー人友人は無理派!
ワイルドなヨルダン人のダンナさんは、とにかく保険料他、日本のシステムに納得がいかない派!

どういう意味? と見せられた、国民保険制度 賦課校正通知書。
「基礎賦課額・支援金賦課額・介護納付賦課額....」
「....○■△×××.....」

日本人なのに...説明不可。
そもそも、日本語がわからない...

反省。

勉強します。
ん?でも、こんなん何調べたらええんや。
とにかく、このままじゃ、やばいな、じぶん...
職場の賢い同僚らに明日、相談しよう!
e0114371_164769.jpg

[PR]
by tomorish825 | 2011-08-31 07:18 | 自分の事
e0114371_440884.jpg
仕事上でも
プライベートでも
頻出のコミュニケーション

相手のことを考えて 行動したり 伝えているつもりが
全然伝わっていないことがある
むしろ その方が多かったりして

e0114371_4441452.jpg
「コミュニケーションデザイン講座」
おもしろかった  されど
実践は さっぱり 難しい

話をする とか 気持ちを伝えるには
そこに至までの信頼関係とか
その場の雰囲気をいかにデザインできるかが
大切でしょ
ただし
よく思われたい とかって
自分が出過ぎると
失敗するんだな
きっと


普通にそんなんできる
って 思ってたんだけど
難しかった
いろいろ考えすぎて
肩が凝った

わけわかんないけれど
今回は
残しておかねばいけない
自分memo

それにしても
疲れた...
でも、明日になったら元気になるさ
ええ学びもたくさんあるからね
[PR]
by tomorish825 | 2011-08-26 05:05 | 自分の事
e0114371_1316194.jpg

お料理上手な母。
なんでも、あっという間に作ってしまう。
還暦を迎えてもずっと仕事をしながら、地域のボランティア活動もずっと続けている。
母の部屋は、お裁縫道具と書道の道具でいっぱいで、
製作はいつも夜中。
母が寝ている姿を、映画館以外では
ほとんど見たことがない。

小さい頃はうんと、うんと怖くて。
母の悪口を部屋の壁にえんぴつで書きまくっていた。
おシャレだけど、けっこう個性的だから、
中学のときは、参観日に来てもらうのがけっこう、嫌だった。

e0114371_13271294.jpg


そんな母は、最近元気がない。
身近な人が元気がないと、とても心配で。

ライブに誘ったり、ケーキを食べにいったり。
なるべくメールをして、話を聞いて。

娘と母親の関係ってどこか特別。

私を支え続けてくれた人だから、
必要であれば、ぜひとも支え返したいと思う。
全力で。
[PR]
by tomorish825 | 2011-02-27 13:57 | 自分の事
2011年2月最後の日曜日。
大学の二次試験が始まって。
引っ越し風景を連日みかけるようなって。
サークル衣装を身にまとった先輩学生さんたちによる、元気すぎる勧誘する姿を見かける今日この頃。
春ですね〜。

今日は、少しだけ早起きして、近所のまあまあ美味しいパン屋さんまでランニング♪

日曜早朝でも、駐車場は結構いっぱい。お隣のスタバよりも混んでました。
でも!ワタシテキには違うんだよね〜!
休みの日の朝は歩いてカフェに行きたい派。

大切な人と、
ゆっくりテラスでカフェラテを飲んで、ただ通りの人を眺めたりしてたいん。
で、ゆっくりまた歩いて帰りたいん。

車できちゃ〜もったいない。
e0114371_12132549.jpg

なあんて、
買ったパンを、速攻、公園のベンチにてかじりながら思った、休みの朝。
いろんなことを、思い出した日曜の朝。
来月からは、絵描きを再開しようと誓った、そんな2月最後の日曜日です。
e0114371_12253338.jpg

Combattez!
[PR]
by tomorish825 | 2011-02-27 12:27 | 自分の事
 同僚との会話@週末の仕事後の焼き鳥屋


同僚 「ピアノ買おうと思ってる」

ワタシ「なんで ? 音楽してましたっけ?」

同僚 「やばい一歩手前。対処法『その1』さ。」

......................

同僚いわく、ストレス対処法の1番がピアノを弾く、次の段階は水槽で熱帯魚を飼う、最悪版は水槽でエビを飼う....らしい。

兄貴的存在で、明るい同僚らしからぬ真剣な表情と発言に心配する...よりも、わかるわかるの言い合い。で、とりあえず飲んで食べて、話して飲んで食べた。

わいわいする中で、何しているときが、幸せか、について話をしたが、
悲しいかな、幸せを感じるときは、「格別ない」
が、夢にあふれた30−40代我らの結論。

e0114371_12581062.jpg


家から一歩もでない休日を過ごした翌朝、ラニングをした。

e0114371_1313874.jpg


友人の結婚式のおかげで叶った、新年早々のハワイラニング以来、ほぼひと月ぶり。

e0114371_1324375.jpg


めっちゃ気持ちかった。

仕事だらけで、さして変わりない毎日の中、気持ちをワクワクさせるためには、ある程度自己努力も必要。そう思って、まあまあ「ワクワクできたこと」をめざとくメモしているけど、それでも、「幸せ」を感じれないってことは....

考えてもしゃあないね。

とりあえず、今日は走ってすっきりしたし。
仕事いってこよ。

e0114371_13111863.jpg


「天知る、地知る、己知る。誰かがみてござる」
                                                                 by 朝刊記事内の管主のことばより
「寝る前に、私は健康に愛されている、といいましょう」 

さすがええこと、いわはるな。
健康でいれること、それってかなり幸せ。
[PR]
by tomorish825 | 2011-02-06 13:26 | 自分の事
冬至を迎え、今日は天皇誕生日。
ピザの配達兄さんたちがサンタクロースの衣装を着てバイクで走っている姿をみると、
あ〜クリスマスだ〜って、ワクワクします。

クリスマスに限らず、プレゼント探しは大好きです。
イベントギフトも楽しいけれど、
思いがけないプレゼントを
自然にさりげなくできることは、
素敵。

紅葉がちらりほらりとはじまったころ、カナダから
「好きそうだな〜って思って」って、
手紙と一緒に
とてもかわいいノートセットと小物が届きました。
なんでもない時に、届いた、
気持ちのこもったギフトに心がほっこり。

そんなことが出来る友人に
憧れます。

e0114371_13451181.jpg

エプロン作家さんとの出会いのあった日曜日。

ドレスみたいなエプロンに一目惚れ。
たっくさん作品をみせてもらって、
自分用と、
ギフト用に。

自分が嬉しくって、相手も嬉しいと
とっても幸せ。

数日前から体調を崩してしまい、
体が思うように動かないけれど、
心穏やかに、休日を過ごしたいと思います。
[PR]
by tomorish825 | 2010-12-23 13:56 | 自分の事
今日は代休♪
前の前の前の職場の仲間とちょっぴり早めのクリスマス会♪
テーマは"パリ"。
クレモンティーヌの歌声を聴きながら、クリスマスディナー@ Billboard live OSAKA
e0114371_18499.jpg

舞台の真ん前の席。
ラッキ〜♪

クレモンティーヌさんは、歌声も格好も雰囲気もとっても可愛くって。
サザエさんやゲゲゲの鬼太郎、
バカボンにポンポコリン、マッキーの曲なども歌ってくれはりました。
フランス語で歌うと、どの歌もなんともおしゃれで素敵。
ステージからのminiフランス語教室で覚えたフレーズを2つ。
”Joyeux Noël ! =めりーくりすます!”
”Bonne anne! =あけましておめでとう、よい年を!”

夢のような時間の後は、
デザートタイム&プレゼント交換♪

e0114371_1113689.jpg

30代、40代、50代のミックス層の女子会。
お互いに、パワーをもらって。
明日も、またがんばろ。
今年のクリスマスはもりもり仕事だから、少し早めに、メリークリスマス!Joyeux Noël !
[PR]
by tomorish825 | 2010-12-22 01:22 | 自分の事
e0114371_23524783.jpg

巷に雨の降るごとく
 わが心にも涙ふる。
 かくも心ににじみ入る
 このかなしみは何やらん?

戦後65周年。
普段はほとんど意識をしないのですが、毎年、この終戦記念日には、意識的に関連するテレビや読み物に触れるようにしています。当たり前のこと、命の大切さを感じざるをえない日であります。
戦地から家族にあてた手紙や、今の自分よりずっと若い人たちが、自分のやりたいこと、夢も未来もあきらめて祖国のために戦地に赴く姿、それを送りだす家族の想いを感じると、自分が抱えている悩みが本当に小さく思えるものです。そして、恵まれて過ぎている現状を振り返り、反省します。
e0114371_23525255.jpg

今日のNHKスペシャル終戦特集ドラマ「15歳の志願兵」は、非常に感動する内容でした。
「戦争に飲み込まれていく少年たちの青春、夢や友情、そして、少年たちを戦場へ送らざるを得なかった教師や親達の苦悩や葛藤、時代に翻弄されていく人間たちを鮮烈に、詩情豊かに描いていく。」全国屈指の進学校・旧制愛知一中であった実話に基づいた物語ということでしたが、涙が止まらなかったです。

物語の中で、「人間は何のために生きるのか」を少年たちが語る場面がありました。文学者を志していた彼は、戦争にいくことで、「すべての夢を捨て、考えることをやめる」のですが、残した日記の中には、「考えることをやめることは敗北である」とあり、自分がどういう志で戦地で過ごすつもりであるか、ということが、前向きな、彼の文学魂に根ざされた視点から新たに記されておりました。

働いていると、理不尽なことや辛いことはたくさんあります。毎日ちっとも楽しくなくて、なんのために?と考え、そのうち考えることすらあほらしくなることもあったりします。でも、どう生きていくか、何を自分は感じて、考えているかは、やはり考え続けないとあかんと、思った次第です。そして、行動に移さなあかんとです。

e0114371_23525591.jpg

念願の中崎町カフェにて。
iPhoneはちっとも使いこなせないし、カップルを見るとガクッとイラっとしちゃうし、仕事の要領は悪いし、論文もちっとも進まないし、英語は読み出した途端に眠くなるし、一般常識がないことをひしひし感じる毎日だけれど、でも、まだまだ改善の余地あり、さ〜!
がんばろ。
そんな、2010年8月15日でした。
[PR]
by tomorish825 | 2010-08-16 00:38 | 自分の事