<   2007年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

トロントにはどうも春がないみたい...いい天気になって、やった〜!と思ったもつかの間、もはや暑いんですけど。先日まで毛皮やダウンコートだったトロントニアンもすっかりタンクトップにミニスカート。ローラスケートやロラーボードでぶんぶん走ってたり、水着か、という格好の人がいらしたり、上半身裸で走っるランナーも...でもカフェのパティオでみんなが楽しげにお茶してる様子は見てても気分がいいもんです。
e0114371_10352837.jpg
お散歩中に見かけたわんこちゃん。最近動物少し触れるようになった私♪極控えめにハロ〜なんて英語で呼びかけましたが、全く相手にされませんでした。やっぱ日本語だな。

さて、ガールズトーク。仕事中は、お客さんが来ない限りもはやまったりおしゃべり全開です。私の職場は全員女性ですが、20代前半から40代後半までと幅が広く、私は日本語担当だけど、ベトナム語、中国語、マレーシア語と英語、や、フランス語と英語(カナダだからと言ってみんながフランス語話せる訳ではなし!)ロシア語とドイツ語と英語を操るなどなど、それぞれの経歴も多岐にとんでいます。つまり、カナディアンと言えどもカナダで、このトロントで女性が生活するということをいい面からだけでなく色んな方向から見れる人たちが集まっています。看護大学に入りたてのピチピチ学生さん♪もいまして、そんな中でもなるほどと思った事に、こっちの人のスキンケアや女性の美の捉え方がありました。
e0114371_10483121.jpg少し前から気付いてはいたのだけれど、職場のスタッフはみなほぼノーメイク。ほんわり香りやリップをつける程度。何か特別な予定が入っている時は、綺麗にお化粧をしてくるのですぐにわかる♪そう、外人はやっぱ綺麗やな〜と思っていたけれど、いつもノーメイクだから、少しするだけでぐぐぐっとより綺麗に見えるんです。で、みな綺麗な肌をしているから、何を使っているのかと聞くもたいてい、”何も使わない。保湿に気をつける以外は、ファンデーションもしない” "だって肌にケミカルなものをのせるのは負担をかけるだけでしょ"と。確かに。外人の髪型や背格好をうらやましがる私には、全てのサイズがいかにも日本人らしい私を例に、どれほど日本人女性が魅力的であるか、とんとんと説明をしてくれましたです。ノーメイクを”女を捨ててる”なんて形容しがちだったけれど、”自分に自信があるから、そして自分の肌を守る為、より綺麗でいるためのノーメイク”こんな考え方で生活してるってなんて新鮮!

このシンプルスタイルは、食生活に置いても同じ。決してすべてをオーガニック食材にしているのではなく、自然のモノをシンプルに食べる事に重点を置いてるのだと。だから、日本食への感心も相当に高く味噌やだし、酢の効用など質問はするどくこちらも勉強。広辞苑大活躍。そして、体にいいものの見分け方として、内容記載のラベルを見せながら説明してくれる。”ほら、こうして、自分が知っている単語がどこまで占めているか見て行くといいの。ケミカルなものを使いだすと、私たちだって知らない単語だらけになる。そんな意味の分からないものを顔に塗ったり、口に入れたりするって恐ろしい事よ”って。確かに。

カナダの医療事情のまずさを話している時も、自分たちの体は自分らで守るしかない,
まあ、これは万国共通ではありますが..。だから、とにかく食生活に気をつけて必要に合わせてビタミン剤などを組み合わせているらしい。で、薬は原則副作用があるから頼らず、ハーヴなんかを組み合わせたり、運動をしたりしている。一人のスタッフだけの話しでなく、本当に多くのスタッフがこの考え方だから、よいではないですか。

そうして影響を徐々に受けつつある私は、ハーヴの栽培を始め(もう死にかけですが...)市販の甘いジャンキーフード断ち切りの一歩として...
e0114371_1126474.jpg
白玉もちもちアズキケーキを作ってみたり....
e0114371_11284994.jpg
砂糖不使用、豆腐とバナナとレモンのもっちりケーキを作ってみたりしてる。豆腐ケーキは、焼き上がりがなぜだか、たこ焼きの匂いになって...なあぜ? 味も....あれま〜なんですのこれ?いつも毒味係のルームメイトぱーこちゃん、ありがとう★(笑)

異国で感じる、日本人女性の美しさや、日本食のよさ。異国人から指摘されるて感じる、日本人女性としての良さ、そして内面からシンプルに生活することの心地よさ。それを素直に感じ受け止め、生活に取り込んでいけたら...そんな素敵な女性でありたく思います♪
[PR]
by tomorish825 | 2007-04-21 12:13 | 海外生活
e0114371_12362958.jpg春めいて...来ているのどうなんだか。春を感じたい私はお部屋でハーヴ栽培を始めました。いやね、お部屋に緑があるっていいでしょう。お散歩中に見つけた、植物専門のお店で"ハーブが欲しい!中でもバジルがいい!”と伝えるも、発音が悪くって...どっちも通じない....。ええ、知っていますよ、仕事中も、成分を説明する度、その植物の名前を言い出すと同時にお客さんの顔が、”???!”になりますから。されど優しい店員さん、何とか私の要望理解に努めてくれて、”それは植物!しかも食べれる!ピザとかスープにぴったし!イタリア〜な感じです!”これで、無事に手に入れる事ができた”バジル”私に食べられながら元気に育ってくれています。
さて、仕事。なんと、今週が最後となりました、有終の美と言わせてくださいまし!なんと今回私、銀メダルをもらったんです。私の仕事は、毎日出勤すると、店の目標売り上げ高が決まっていて、同時にセールススタッフ各自の目標売上高も表示されています。ただニコニコ笑ってつっ立っていればいいという訳ではないのですな。時間帯ごとの実際の売上高を連日記載し、それがグラフになって月ごとに集計。で、三ヶ月ごとに、カナダ全土とアメリカ全土の店、スタッフの上位者が紙面で発表されるんですが、そ〜れ〜に!名前載って、ボーナスと、ステキなピンをもらいました。エプロンにとめるよう言われたんですが、ここがかなりにカナダっぽい。
ボス曰く、"tomorishは銀メダルだけどピンが間違ってsuper goldが来ちゃったの。で、銀のバッチがきたら交換するからそれまでこれしてて"と渡されたピンは...ダイヤモンドみたいなんがキラキラしてるピン。ボスよりもええピンつけてしまってる〜あたし。
”いいんですか〜?”
”いいの、いいの、よかったね〜でも交換するから箱無くさないでね〜”
このええ加減さがたまらない。でも、ボスも一緒に喜んでくれたし、良かったよかった♪

e0114371_1255326.jpg
これが私のお店。
約半年このお店で働きました。働ける事が嬉しくて仕方なくて、ここの素敵なスタッフの一員になる為の努力は惜しみませんでした。仲間の会話に入れない事も、拙い英語の為に露骨にお客さんに嫌な顔されたこともありましたけど、商品知識がすごいわね!って、褒めてくれはってリピーターになったお客さんもいます。
ちなみに、父さんは前回銅メダルをもらった時に報告をしたら”外人にそんな贅沢品売りつけられるってすごいな〜お姉ちゃん!(→妹がいるのです私)父さんはできないな〜”売りつけるって...確かに、父さんじゃ無理です。できてもやかも...いや、かなりやだな。
いろんな想い出があり仕事以外の経験もおもろいネタも満載でした。あと少し...寂しいな。でも今週もがんばろっっと♪
[PR]
いやね、私ってかなりオチのある人生だと我ながら思います。
必ず、...なんかある。
例のhair show.やりました!かなり長い多方面で楽しい一日でしたどす。
朝、5時起床、7時”マヌカン”と書かれた紙を会場受付で引き換え712号室へ。マヌカン、の文字に小躍りミーハー大発揮♪
e0114371_2313748.jpg
まだ人はほとんどいません。

用意されてるコーヒーや軽い朝食をみんなでかじりながら軽く談話し、メイクアップアーティストさんや他モデルさんが登場。眠そうな人は意外に居なくてみんなワクワクしてる感が伝わってきます。今日のスケジュール、ステージでの立ち振る舞いを説明されたあと、早速シャンプー&リンスをすませ一人一人の準備にかかる。
e0114371_0461449.jpg
美しいスーパーshort hair のスタイリストさん。私を可愛い、好きよと何度も言ってくださる。気付くと見てくれてウインクしてくださる...特別アシスタントとかいって、お手伝いもしたり...たくさん手を握ってくださったり...少しこれは...と思いつつも、まあいっか。綺麗だし...なんせ。美人には弱いワタシ。

私の順番は1時。それまでにまずメイクアップが行われました。カナダ発ブランド、MAC.のプロメークアップアーティストさん。残念ながらゲイガイではなかったけれど、これまた綺麗なお姉さん、こっちで人にメイクされるのって夢でしたの密かに♪でも、でも私は知っています。メイクの恐ろしきことを...いやね、みんなは綺麗になるんだけど。こちらに限らず...人にされたメイクアップ=忘れもしない成人式。減量せずぷくぷくに膨らんだ顔の自分も悪かったのだが当日写真館で撮った写真の所在は今だ不明。実家にて封印状態。父さんだけは懸命に写真をとりまくって出来る限りのいいショットを狙ってくれたのですが、努力虚しく完敗...一番綺麗な時期のお見合い写真、という両親の夢計画はまたも完全に消えたイベントとなりました。

でもメイク、って本当に難しいと思う。
今回もヘアの色に合わせてみんなどんどんすごい顔が出来上がってくるけど、どれも結構それなりに素敵。さて、私の順番。控えめにでもはっきりと "紫と赤系を使うとすごく気持ち悪くなるからやめてください" と伝えた。
スタイリストさん、苦笑いで、任せて!
とても丁寧にやってくれました。やられている間は鏡もないからなんだか夢心地。
そしてコリアンタウンにいる、ヘアサロンマダム風の顔に仕上がりました。コシノヒロコのファッション関係のテレビでインタビュー受ける時のメイクですわ。
速攻、落としたい気分満載だけどもう我慢するしかない。

e0114371_116851.jpg
みんなで音楽聞いたり男の子の話しして待ちます。同じですね〜どこも。ガールズトーク、でも完全に私よりもみな若いけれど。

e0114371_1185175.jpg
どうやって仕上げるか、スタイリスト人集まって相談。
e0114371_1195586.jpg
出番数分前。私の担当は手前のレディバネッサ。すごくオシャレでセンスがいい彼女は普段はモントリオールで活躍。40代かな...私の描いた彼女のスケッチを非常に喜んでぜひとも記念に欲しいと★もちろんお礼に差し上げました。

e0114371_123353.jpg
お客さんは意外に多くてビックリ。スポットライトやフラッシュを浴びての楽しい時間でした。バネッサは切っている間中、頭からかけてるマイクで、モデルの髪質、カラーとのバランス、使うはさみなど紹介から今日のテクニックを細かく説明しながら行います。手に職があるって、いいもんだな〜格好いいな〜って改めて感じまくりです。

で、で、仕上がりの写真ですが...どうしても載せる事が出来ません。間違いなく、会場では大好評でした。なんぼ可愛いと言われたか分からないです、でも明らかになったことは、カナディアンと日本人の可愛いの意味は違う。大阪出身を見越されたのかと思う、お笑い街道まっしぐらなスタイル、バナナマンの片方の完全に笑いをとる髪型ですな。ものすごく綺麗なマッシュルームを頭からのっけて下からカラフルな色が飛び出してる、この詳細な形容で多いに想像してくださいませ。
e0114371_1402998.jpg
こんな人もいた。

でも昨日はこれだけでは終わらなかったのです。
心配してくれた同僚に見せようと、showの後、仕事場に顔を出しますと、ボス笑顔でしばし絶句..”すごく...何て言ったらいいのかな..漸進的ね♪”(苦笑)そして、出勤してた同僚はえらい体調が悪い。用もなく覗きに来た私、体調の悪い今から働く仲間。急遽、そのまま仕事を5時から9時....この髪型で...!

ほんまに長い一日だった。けど、
帰る頃にはちょっと愛しくも見えてきたりして...なんて思いつつ帰りの電車でスケジュール帳を。今週、免許写真撮影だった...
やっぱこう来たかっっ!
[PR]
by tomorish825 | 2007-04-04 01:46 | Artistなこと
比較的いろんなことに興奮しやすい性格だけれど、今回またかなりに楽しきことが。

なんと、わたくしカナダ最大のHair& Aesthetic exibition & Educational イベントに参加★することに!北米のスタイリスト、ネイリストが集まり巨大な会場で週末2日間行われます。

いやね、先日仕事中にいつものごとく売り子さんとしてドアの付近に立ちましてにこにこしていましたの。そしたら、”週末にhair show があるの、でない?”と、30代後半のオシャレな女性3人に声を掛けられまして。あたふたしている私に、ガンガン英語でしゃべりつつ、たくさん可愛いと言ってくれはる。警戒しつつもすぐに乗ってしまう私♪なんせ、楽しそうではなかろうか!e0114371_21321519.jpgミーティング場所が書かれた紙を手に、すぐに同僚人らに相談。おばさまも若手人もみな賛成!これで行く気さらに満々に。皆が口を揃えて言った事は、”tomorish, やだなと思ったら色も髪型も始めにしっかり断るのよ”....なんでもyes マンの私の性格をよくご存知で...。hair show というだけあって渡されたパンフにもモヒカン女性が。ボスからも、もしもピンクやオレンジ、ブルーな髪になったらストックルームの仕事を命じます!とウインクサインが送られた。ごもっとも。

小さい時から私は髪をいじるのが大好きで。一人っ子時代が長く、リカちゃんの髪の毛はどれだけカットしヘアアレンジしたかわからない。今でこそ見た目が女の子チックだけれど小さい時は『かわいすぎて誘拐されたら困る』という限りなく優しい父の子煩悩計画により完全に男のこルックス,短パン刈り上げ剣道小学生だった。
今でも鮮明に覚えているのが、市民図書館でのこと。かしましく本を読む少女に、地元ちびっこ男子の野球のお誘い。"わたし、やったことないの..."と答えた少女に、”こいつ〜女言葉しゃべったで〜わたしやって〜きも〜!!!”と....女の子なんですけど....まあ、こういうエピソードは本当に山のようにあり、その都度父さん大満足でありました。
まあ、そんなで髪の毛いじりやモデル,show!なんて話しはミーハーに大好きなんです。

さて、仕事後指定されたホテルのロビーで打ち合わせ。最大限にピンクやオレンジの髪モヒカンルックはやだと伝える。お店の雰囲気も分かって声をかけてくれていたことあってか、すぐに話を分かってくれてOK!要はクレージなことにはしないでってことね、と。そう、その通りです。翌日にカラーを。続々くるモデルさん。鼻ピアス率やはり多しカナディアンgirls. 目の前でどんどんマッピンクやオレンジ!メッシュな髪に変身してゆく。やや恐怖を覚えつつも順番を待ちました。
e0114371_2232330.jpg
さすが、プロ。ものすごい仕事が速い。顔を見て、色を本人と相談しつつ配合してどんどん進みます。私の参加する会社はアメリカがベース。スタッフはトロントだけでなく普段はN.Y.バンクーバー、モントリオールなどいろんなとこで活躍している人がこのイベントの為に集まって作り上げていく。ワイワイ話しつつ、女性のように優しい男性スタイリストと男勝りな女性スタッフ。そんなプロの仕事は格好いい、実に、格好よかった。
e0114371_22102796.jpg
で、肝心の私の髪はどうなったかと言いますと...
e0114371_22141160.jpg
なかなかええ感じです。黒髪ベースで毛先に綺麗な色がスライドで入ってます。何よりも髪がさらさらになって嬉しいですの。
さて、次はカットだ...
これが結構またドキドキ.....月曜朝7時集合。持ち物マスカラのみ。うん...服も用意されてるそうで。全く想像がつかないけれど、楽しみです。
e0114371_22243931.jpg

ごく最近のトロント。いいお天気、やっと春です。

★☆☆☆いくつか質問をもらったのでshowの場所やらの詳細なんぞ...☆☆★☆☆★

名前: ALLIED BEAUTY ASSOSCIATION TORONTO 2007
webサイト: www.abacanada. com
場所: METRO TORONTO CONVENTION CENTER SOUTH BUIDING
日時: 4月1日(日)9:00-8:00
4月2日(月)9:00-5:00
あっ...ちなみに結構高いと私は思ったですが...2日両方で$65-59 どちらか一日でも$39-45 .学生だと安いみたい。
一年に2回あって、次は秋らしいどす。 ★☆☆★☆☆☆★☆☆☆☆☆☆★★☆☆☆★
[PR]
by tomorish825 | 2007-04-01 22:25 | Artistなこと