<   2007年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

e0114371_14224556.jpg
9月という素晴らしい季節の中、一度も日記を更新する事なく過ごしてしまいました...トロントは日に日に木々の葉が色づいて来ています。9月になって、子供達はみな学校が始まり、私はオーケストラの練習も再開、久しぶりに仲間に再会♪しかし2年目のトロントは何かと時間が経つのが早い。去年とは全く違うことをしているつもりなんだけれどどうも時間が早すぎる。最近平日はお弁当を持参で公園ランチな私。自然の空気を吸い込みながら、ショウガおにぎり、梅干し&昆布入りがヒットであります。
e0114371_14345187.jpg
随分と前に、日本が少し話せるカナダの友人から「デニル、って何か分かる?」と聞かれ「ロバートデニーロ...」レベルの意味不明な答えでいっぱいな私に「デニーズでだらだら居座ること」と教わったのですが...それに続くとしたら、最近は公園デビューに加え、かなり「スタバる」生活。日本に居る時から、私はカフェで書き物をするスタイルが大好きだったので、念願の異国カフェで過ごすプライベートな時間はたまらなく居心地が良ろしい。スタバはもちろん日本でも沢山あるけれど、こちらもかなり沢山ありましてお店によって店員さんの雰囲気や音楽も様々。私みたく書き物や読み物をする人もいれば、パソコンを持ち込み少人数で会議をしていたり、中でも夕方の子供とお母さんのセットが私のお気に入り。
e0114371_14484675.jpg
概ねお母さんは仕事帰りで大荷物である事が多く、小学生低学年くらいの子供はキッズサイズのドリンクをテーブルに、お母さんにその日あった学校での出来事を報告している。先生に褒められたことや友達とケンカしたこと、自分はどう思っているかなどなど。特定の一組に限らず何組か見たけれど毎回お母さんがすごく子供の話しを真剣に聞いてる表情と、子供にどんどん話させて褒めたたえている反応が見ていてすごく気持ちがいい。相手がちびっ子でも、こうしてしっかり意見を伝えさせる場面を忙しい一日のどこかで持つようにしているのかなー何て思いつつこっそりじっくりカナディアンママ観察...ちなみに、こちらでは、すごく小さな男の子でも、私や女性にドアを開けてくれたり、ドアを支えてくれたりする。可愛い笑顔と共に。これは小さい時からしっかりお母さんが教育しているからみたい...これは実にいい事いい文化!(笑)
e0114371_151743100.jpg
私は去年仕事探し中、カフェで働こうと考えていた時期もあり、面接の前に皆がどんなオーダーをしているかひたすら客として一人聞き取り調査をしたことがある。これがまた、凄まじく細かく...ミルクの種類から温度や、砂糖の種類まで指定していたいりして驚いたと同時に、そんなお気に入りのコーヒーが見つけられたことが羨ましくも思ったものだった。未だに私は味の違いはよくわからずもっぱら値段と雰囲気で決めている。
e0114371_15181746.jpg
先週お邪魔したオーケストラで仲良くさせてもらっている方のお庭。いい季節なのでいろんなお花が咲き乱れてました。
e0114371_15203913.jpg
9月のアタマには同期の仲良しナースが遠い日本から遊びに来てくれまして...
e0114371_1521266.jpg
ナイアガラ滝はどの時期に来てもいい表情。ただしいつも滝へ降りる道がわからなくなり、ゲストを無駄に歩かせまくってしまうダメダメホストです...
e0114371_15214047.jpg
暑さの中で2人で買ったアイスは...時間が経ち溶け出すと、恐ろしい色に変身。体に悪いもの代表...もう買いません...決して。
e0114371_15223548.jpg
イチローも見に行きました。大興奮!間違いなく興奮して、「イチロー」と心で叫びつつも試合中に、あろうことか若干寝てしまったワタシ....
e0114371_1523710.jpg
素敵なカップルと共に大好きなグリークタウンで最後のディナーを。彼女も喜んでくれて、久しぶりの美味しい料理に大感激♪一年経って、自信を持ってトロントの好きなところを紹介できるようになってきたことに気付き私も嬉しい発見。
e0114371_1552388.jpg
ほんで、本日の発見 in スタバ。昔から私のお気に入りの時間の過ごし方の中に、鉛筆をカッターで削る、というのがあります。小学生の時に父から教わった鉛筆カッター削りですが、いつからか私にはとても居心地のいい時間。もう何本となく削ってきたのだけれどそれがやけに早く、しかもかなりうまくなっていたのです。プロの鉛筆削りがどんだか知りませんが、我ながらすごいなー、とみとれます。どうしてかな、っと探ってみたら余分な力が入っていませんでした。
余分な力を抜くと、同じ事でもさらりと、すっと理屈なくうまくいくみたい...そんな何かを感じた今日のスタバる一日でした。
[PR]
by tomorish825 | 2007-10-01 16:46 | 海外生活