<   2009年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

e0114371_2323889.jpg

今日は早朝から家族で蓮の花を見に出かけました。
e0114371_2342529.jpg

携帯ではなかなか上手く撮れません!
e0114371_2352781.jpg

丁度雨上がりだったので、葉の上を水玉が弾く様が何とも美しく、緑はより鮮やかに。茎は空洞になっているので葉の中心に小さな穴をあけて、お酒をつたわせ頂きました♪ 朝からなんとも贅沢♪
e0114371_23112357.jpg

心とカラダが苦しかった時に、心優しい友人らから心強いことばとパワーを頂きました。
家族にもうんと助けてもらいました。
おかげさまでまた私は前に進めています。
感謝。
e0114371_23135389.jpg

医療者として、
「私が、今していること、しようとしていることは、患者にとってベストであるか」
困った時、常に自分に問いかけ、答えなければいけない質問。
逆に言えば、これに答える事ができる限り、自信をもって働く事が出来ることが私たちの仕事の素晴らしいところだと思っています。
e0114371_23373481.jpg

ただ、あまりにも相手中心になりすぎて、自分自身を大切に考えることを忘れてしまう事が、ナースをしていると多いようです。少なくとも、私はその傾向に陥りやすいと考えています。自分が我慢すれば。きっと、みんなもしんどい中、がんばっているんだから。
でも、本当はそれはとてもおかしい事。
ヒトはヒトで、自分は自分だから。
自分の強みはどこなのか、どういう分野で最もそれを発揮できるのかを考えその機会があれば勇気をもって進む。
どう考えても苦手な分野で無理に力を出し続けようとすると、バーンアウトにつながるし、それは患者さんにとっても決していい結果は出ないのです。
e0114371_23451322.jpg

自分にあっている分野を的確に探す事は難しいのかもしれないけれど、苦手と分かっていて、あるいは自分の目指す方向性と違う、と感じている所で無理に頑張ることは非効率的であり時に時間がもったいないから。
断る勇気も必要。

自分の感じていること、考えている事を簡潔に述べることの大切さを私はカナダでの生活で学びました。
海外では、自分が発言しないと相手には通じないのです。その場の空気を読む事はあっても、そこで黙っている事は、もっともよくないことでした。
空気を読んだ上で、自分の意見を発言できる力、これは日本の社会でも必要なことだと思います。要領よく、穏やかに、率直に。相手の目を見て、姿勢を正して、大胆に、自信を持って、前向きに!
向こうでは、ちびっこの時代からこの練習をしていると思われます。
力のあるヒトに、それをいう事はとても難しい事だけれど、自分の責任は自分でとるしかないので、患者さんを守る為にも自分を守る為にも非常に大切な力です。
そんなことを最近よく考えています。

ぶれない自分軸を持つ事。
自分の強みを理解し、そこを成長させる努力を惜しまない事。
e0114371_045515.jpg


東京は梅雨がとっくにあけてます。
海の日を迎えて、世間は夏休み突入。
私の暑い夏がやってきます!
さて〜もう一息、がんばるぞ〜!
e0114371_0105034.jpg


追記:
今回のブロブのキャメラマンは妹氏です。
綺麗に取ってくれて、感激してたくさん載せてしまいました。
あやおさ〜ん!ありがと〜!
[PR]
by tomorish825 | 2009-07-21 00:10 | 自分の事